アロマ知識

精油の選び方

ひつじ
ひつじ
こんにちは。ナードアロマテラピーインストラクターのひつじです。アロマテラピーの魅力を発信しています。
 

アロマテラピーにつかう精油(エッセンシャルオイル)はどこで買えるの?何がおすすめ?と尋ねられることがあります。

※精油とエッセンシャルオイルは同じものです。以下は精油と記載します。

安全にアロマテラピーを楽しむために、精油を選ぶ3つのポイントを紹介します。

精油選びの3つのポイント

  1. 精油又はエッセンシャルオイルと記載がある。
  2. 成分分析表がある。
  3. 遮光ビンに入っている。

それでは、3つのポイントについて解説します。

精油又はエッセンシャルオイルと記載がある。

そもそも、精油は日本では「雑貨」として取り扱われています。そのため、香りを楽しむアロマオイルと混同されています。

アロマテラピーは自然療法の一つです。植物に含まれる芳香成分を健康や美容に役立てようとするもです。

そのため、アロマテラピーでは天然成分100%の精油を使います。

成分分析表がある

成分分析表は、ヒトに例えるなら身分証明書と健康診断結果をあわせたもの、というイメージです。

これをみると、植物の種類、産地、抽出部位、抽出方法、品質、含有成分が一目でわかります。

ただ、成分分析表は文字と数字の羅列なので最初は見るだけでいやになるかもしれません。最初は、成分分析表がある!ということを確認しましょう。

こちらは、プラナロム精油についている成分分析表です。

確認しておきたいのは、次の2つです。

  • 植物の学名があること。
  • 抽出部位、抽出方法があること。

慣れてきたら、そのほかの項目も確認できるようになります。成分分析表でさくっとチェックできる項目は以下のとおりです。

  • 【学名】植物の種類がわかる。
  • 【抽出部位】植物のつかった部分がわかる。
  • 【抽出方法】どんな方法で抽出したかわかる。
  • 【産地】どこで採れたかがわかる。
  • 【酸化】品質が確認できる。
  • 【ケン化価、屈折率、比重】品質が確認できる。純粋かどうか、混入物の有無。
  • 【旋光度】品質が確認できる。天然かどうか。添加や希釈の有無。
  • 【残留農薬】農薬が残ってないかわかる。
  • 【芳香成分】精油を構成している芳香成分の種類と割合がわかる。

これらについてロットごとに国内で検査され公表しているものは安心です。

遮光ビンに入っている

精油は100%天然の植物なので、光や熱で劣化します。そのため、劣化を防ぐために遮光ビンで保管しています。

 

ひつじ
ひつじ
アロマ専門店ではこの3つが当てはまるものを置いているので、最初はアロマ専門店で購入するのがおすすめだよ。

以上、アロマテラピーで使う精油選びの3つのポイントを紹介しました。参考になれば嬉しいです。

【参考】精油の基準:ナード・アロマテラピー協会

https://www.nardjapan.gr.jp/qualification

 

ABOUT ME
こだわり羊
アロマが好きなミニマリスト