精油の選び方

知識編

 ブログ訪問ありがとうございます。

 アロマを楽しむ時に、どんな精油がおすすめ?と聞かれることがあります。

 どんな用途で使うかによって違うと思いますが、

 アロマテラピーとして使う場合のおすすめを紹介します。

 精油は日本では「雑貨」として取り扱われているので、誰でも気軽に購入できます。

 自由度が高い分だけ、購入側がどんなものかを確認する必要があるということです。

 私は、精油を購入するときに

「成分分析表」があるものを選ぶことをお勧めしています。

 この成分分析表からわかることは以下のようなことです。

精油の

  • 植物の種類は?(学名)
  • 植物のどこから?(抽出部位)
  • どんな方法で?(抽出方法)
  • 産地は?
  • 品質は?(酸化)
  • 純粋?混入物が入ってない?(ケン化価、屈折率、比重)
  • 天然のもの?添加や希釈されていない?(旋光度)
  • 農薬が残ってない?(残留農薬)
  • 精油を構成している芳香成分の種類と割合は?(芳香成分)

についてロットごとに国内で検査されて公表しているものは安心して使えるからです。

 あと、販売している企業のホームページもみます。

 最近は和精油も増えてきたので、国産の精油を使いたいので購入しますが、成分分析表が入っていなかったりしてがっかりすることもあります。

 公的な基準がないゆえに、もしかしたら丁寧につくっていたとしてもそれが商品に反映できていないかもしれないと。。。そんな時は、ホームページを見に行ってどんな考えで精油を作っているかをみますが、成分がはっきりわからないものはアロマテラピーとしては使わないので、他の用途で楽しみます。

 曖昧なこともあるアロマですが、植物の香りは、私にとっては喜びと安らぎを与えてくれるとても素敵なギフトなので、これからも生活の中で気軽に使えるアロマを紹介したいと思います。

 最後までお付き合いありがとうございました。

【参考】精油の基準

ナード・アロマテラピー協会

NARD JAPANのアロマテラピー « NARD JAPAN ナード・アロマテラピー協会
NARD JAPAN(ナード・アロマテラピー協会)で学べるアロマテラピー資格取得コースと入門コースについてご案内するページです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました