【アロマ試験対策】モノテルペンアルコール類

アロマ勉強編

ブログ訪問ありがとうございます。芳香成分類について少しでも覚えやすくなればと思い作成しました。

アルコール類

  • テルペン系に水酸基(-OH)が結合したものがテルペン系アルコール類。
  • イソプレンの数によってモノテルペンアルコール類、セスキテルペンアルコール類、ジテルペンアルコール類と呼び方が異なる。
  • 分子名の語尾はol(オール)。
  • アルコール類には1級、2級、3級がある。

モノテルペンアルコール類を多く含む精油

 科名モノテルペンアルコール類含有率(%)
ホーウッドクスノキ科98
パルマローザイネ科83
ローズバラ科64
ゼラニウム・エジプトフウロソウ科57
マジョラムシソ科46
ラベンダー・スピカシソ科46
ペパーミントシソ科45
ネロリミカン科44
ラベンダー・アングスティフォリアシソ科43
ティートゥリーフトモモ科43
タイム・サツレオイデスシソ科42
含有率は参考数値です。

モノテルペンアルコール類の特徴

  • イソプレン2つのモノテルペンに「-OH」が結合したテルペン系アルコール類
  • 抗菌作用が特徴の芳香成分類の中で、皮膚刺激が低い。
電子座標軸上の位置

モノテルペンアルコール類の主な作用

  • 抗菌作用+++
  • 抗ウイルス作用+++
  • 抗真菌作用+++
  • 免疫調整作用+++
  • 神経強壮作用++
  • 抗寄生虫作用+

芳香分子の例

ゲラニオール

ゲラニオール:鎮痛作用、興奮作用、収斂作用、抗不安作用、皮膚弾力回復作用、子宮収縮作用

シトロネロール

シトロネロール:昆虫忌避作用(蚊)、鎮静作用、筋肉弛緩作用、血圧降下作用

テルピネン‐4‐オール

テルピネン-4-オール:神経強壮作用、誘眠作用、抗炎症作用、収斂作用

ネロール

ネロール:皮膚弾力回復作用

リナロール

リナロール:鎮静作用、血圧降下作用、抗不安作用

以上です。

試験勉強の参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました