アロマ活用

30分でできる!ドライハーブを使ったシューズキーパーの作り方

お家で育ったハーブ🌿

剪定ついでに乾燥させてドライハーブにしたら、雑貨として楽しみましょう😊

今回は、ドライハーブを使ったシューズキーパーの作り方を紹介します。ハーブを使うことで、靴箱の香りをよくして、防虫効果も期待できるのでおすすめです。

ひつじ
ひつじ
材料は、ドライハーブ以外はセリアやDAISOで全部揃うので手軽に作れちゃいますよ!
  • 難易度:★☆☆☆☆
  • 作業時間:30分

材料

はぎれ 20cm✖️40cm 2枚
リボン 45cm 2本
わた 両手いっぱい
ドライハーブ 20g
お茶パック 2枚

作り方

はぎれを袋状にします

まず2枚(20cm✖️40cm)のはぎれを準備します。

周りをピンキングハサミでギザギザにカットします。理由は、糸のほつれが出にくくなるためと、見た目が可愛くなります。

なければ普通のハサミで、20cm✖️38cmにカットしてください。

ひつじ
ひつじ
最終系が正方形になるために調整しているよ。

布を中表に半分に折って、下を縫い代1cmで縫います。手縫いは、なみ縫いすればOKです。

表にひっくり返すとこんな感じです。

この段階で正方形になっていたら大丈夫です。半分の三角に折って、正方形になっているのを確認します。

もし正方形になってなかったら、この段階でカットして調整してください。

ひつじ
ひつじ
ここまでできたらほぼ完成です。

布にハーブと「わた」を入れる

袋状になった布にドライハーブと「わた」を入れて形を整えていきます。

最初に「わた」を先っぽに少し詰めます。

次にお茶パックに入れたドライハーブを入れます。この時に、形を整えるために「わた」を周りに適当に入れて好きなふくらみにします。

リボンをする

形が整ったら、リボンをします。

リボンをまっすぐにするために、最初にくくるときに、左側が下向きになるようにします。

あとは、リボン結びで完成です!

まとめ

今回は、ドライハーブで手軽に作れるシューズキーパーを紹介しました。

シューズキーパーとは、靴の形を保ち、防臭、防湿するためのもので、木製が一般的です。

ドライハーブを利用したシューズキーパーでは靴の形を保つことはできませんが、防臭、防虫、防カビ、抗菌として活用できると思います。

虫除け効果のあるクローブ、タイム、ティートゥリー、ペパーミント、レモングラス、ラベンダー、ローズゼラニウム、ローズマリー、ユーカリなどから選ぶのがおすすめです。

ローズマリー、タイムを多めにした初代シューズキーパーです。すっきりした香りに癒されます😊

癒しの香りラベンダーをおしゃれに楽しめる「ラベンダースティック」の作り方こんにちは。ナードアロマテラピーインストラクターのひつじです。 6月になるとラベンダーの花が咲き始めます。ラベンダーの香りは好きな人も...

 

ABOUT ME
こだわり羊
アロマが好きなミニマリスト