【アロマ試験対策】目でみる芳香成分類~フトモモ科②~

アロマ勉強編

ブログ訪問ありがとうございます。アロマ試験対策として芳香成分類を楽しく見ながら記憶に残せたらと思い作成しました。

フトモモ科

今回は、ティートゥリー、クローブ、ニアウリ・シネオール、カユプテの4種類の精油の芳香成分類を紹介します。どれも感染症対策に適した精油です。

ティートゥリー

  1. 学名 Melaleuca alternifolia
  2. 科名 フトモモ科
  3. 水蒸気蒸留部位 
  4. 精油の活用 アロマテラピーのスターというわれるほどポピュラーな精油で、感染症対策に活用されます。
  5. 使用時の注意 精油が皮膚を刺激する場合があるので乳幼児や敏感肌の方には10%以下に希釈して使用します。

主な芳香成分類

  • モノテルペン炭化水素類(γ,α-テルピネン)
  • モノテルペンアルコール類(テルピネン-4-オール)

クローブ

  1. 学名 Eugenia caryophyllus
  2. 科名 フトモモ科
  3. 水蒸気蒸留部位 フレッシュな蕾
  4. 精油の活用 日本では丁字(チョウジ)として知られたスパイスです。歯の痛み、水虫、消化不良によく使われる精油です。抗菌、抗ウイルス、抗真菌作用が強く感染症レシピに用いられますが、皮膚刺激が強いので濃度や量など使い方に注意が必要です。
  5. 使用時の注意 10%以下に希釈し、広範囲には使用しません。これは、フェノール類が皮膚を荒らすことがあるからです。また、フェノール類のオイゲノールという芳香成分を含んでおり、このオイゲノールに子宮収縮作用があるため、妊婦さんへの使用は控えます。

主な芳香成分類

  • フェノール類(オイゲノール)
  • エステル類

ニアウリ・シネオール

  1. 学名 Melaleuca quinquenervia CT (Cineole)
  2. 科名 フトモモ科
  3. 水蒸気蒸留部位 
  4. 精油の活用 ティートゥリーと同じメラレウカ属の植物です。感染症から美容分野まで使える便利な精油です。
  5. 使用時の注意 ビリジフロロールを多く含む場合は、ホルモン依存型がん疾患や乳腺症の方への使用は低濃度で注意して使用します。これは、ビリジフロロールにエストロゲン作用があるためです。

主な芳香成分類

  • 酸化物類(1,8シネオール)
  • モノテルペン炭化水素類(α-ピネン、リモネン)
  • セスキテルペンアルコール(ビリジフロロール)
  • モノテルペンアルコール類(α-テルピネオール)

カユプテ

  1. 学名 Melaleuca cajuputii
  2. 科名 フトモモ科
  3. 水蒸気蒸留部位 
  4. 精油の活用 感染症対策、静脈のうっ滞除去など循環器系への使用やスキンケアに使われます。
  5. 使用時の注意 特にありません。

主な芳香成分類

  • 酸化物類(1,8シネオール)
  • モノテルペン炭化水素類(リモネン)
  • モノテルペンアルコール類

以上です。

目でみるシリーズが、試験勉強の参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました