精油が落ちにくい時のコツと注意

アロマ活用編

 精油が落ちにくい、逆に落ちすぎて困ることはありませんか?このときに知っておくと便利なことを紹介します。

 精油が落ちにくい時に、精油ボトルを振るのはNGです。精油の1滴は約0.05mlとされていますが、振ると出る量が正しく計測できなくなります。また、精油が空気に触れて酸化することを速める可能性があります。

精油ボトルの空気穴の位置を確認してみる

 精油ボトルには空気穴と精油が出る穴があいています。

 精油ボトルを傾けるときに、空気穴の位置が精油が出る穴より上にくるように傾ければスムーズに出ます。

こちらはニールズヤードの精油ボトルです。空気穴は外側に1ヶ所あります。真ん中の穴から精油が出ます。精油ボトルを傾けるときに空気穴の位置を上にして精油を垂らすと落ちやすく、下にすると落ちにくくなるのでこれで調整すると便利です。

こちらはプラナロムの精油ボトルです。空気穴は真ん中に1ヶ所あります。精油が出る穴は外側に2ヶ所ついているので、精油ボトルを傾けるときに外側の2つ穴のどちらか1つが真ん中の空気穴より下にくるようにすると出やすくなります。

 

こちらは生活の木の精油ボトルです。空気穴は真ん中に1つあります。精油が出る穴は外側に4ヶ所あるので、ボトルを傾ければ4つの穴のどれかが真ん中の空気穴より下にくる構造になっています。空気穴を意識しなくても精油が落ちやすい構造になっています。

手のひらで温める

 ボトルを手で包むようにして温めながら落とすと、ボトル内の空気が膨張されるので落ちやすくなります。

 精油は種類によって、落としやすいものと落としにくいものがあります。精油を出すスピードは、空気穴を意識することとと、ボトル内の空気を温めることで調整できるので、よかったら試してみてください。

 これからもアロマを楽しく活用するときに、知っておくと便利だと思うことを紹介していきます。最後までお付き合いありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました