ペットボトル蓋で作るピンクッション

ハンドメイド

ワンポイント刺繍を入れた簡単なものを作りたい!

羊

それならピンクッション作ってみよう。

小さな針山(ピンクッション)は持ち運びしやすく便利です。

今回はペットボトルの蓋を活用した小さなピンクッションの作り方を紹介します。約1時間で完成します。

材料と道具
  1. ペットボトルの蓋
  2. フェルト布(刺繍済み)
  3. 綿
  4. 刺繍針
  5. 刺繍糸
詳しく知りたい方はこちら↓
  • 蓋(500mlペットボトル 直径3cm高さ1.5cm)
  • フェルト布 ダイソー購入
  • 綿 ダイソー購入
  • フランス刺繍針No7
  • ユザワヤ 国産刺繍糸#25セット 

作り方はとてもシンプルです。

基本の作り方
  1. フェルトをカットする。
  2. 側面を縫う。
  3. 底面を縫う。
  4. 上面を少し縫って、隙間から綿を入れる。
  5. 上面を最後まで縫う。

それでは写真付きで説明します。

フェルトをカットする。

フェルトでつくるそれぞれのサイズは次の通りです。

  • 底面:直径3cmの円
  • 上面:直径4cmの円
  • 側面:1.5cm×10cm

ほとんどがこのサイズですが、違う大きさで作る場合は調整してください。

調整する際は、底面と側面は、蓋と同じサイズでカットします。上面は綿を入れて膨らます分だけ、ひと回り大きいサイズでカットします。

肉球の刺繍のやり方はこちらを参考にしてください。

側面を縫う。

最初に側面から縫っていきます。

この時、少しきつめに巻き付けた方が完成が綺麗になります。

【縫う目的は、フェルト布とペットボトルの蓋を固定することです。縫わずに、布用ボンドなどで張り付けてもOKです。】

刺繍糸は全て2本とりで、肉球を刺繍した糸と同じものを使っています。こうすることで、全体の一体感が出ます。

玉止めをして、たてまつり縫いをします。

底面を縫う。

側面を縫い終わったら、そのまま底面を続けて縫います。

【縫う目的は、フェルト布とペットボトルの蓋を固定することです。縫わずに、布用ボンドなどで張り付けてもOKです。】

ブランケットステッチで底面を縫い、玉止めをして終わらせます。

上面を少し縫って、隙間から綿を入れる。

上面を縫う時は、最初に2点固定しておくのがポイントです。

こうすることで、バランスよく縫い付けることができます。

綿を入れていきます。量は入れながら調整してください。ぷっくりさせるのに気持ち多めに入れましょう。

上面を最後まで縫う。

綿を入れたらブランケットステッチで縫って完成です。

できたよ!自分で作った刺繍が作品になるって楽しいね。

羊

そうだね!隙間時間にできるアイテムをこれからも紹介するよ。

以上、ペットボトルの蓋を活用したピンクッションでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました