【便利】刺繍糸の整理法を紹介

ハンドメイド

刺繍糸が増えてくると、糸の保管方法をどうしたらよいか少し頭を悩ませます。

刺繍糸がぐちゃぐちゃだよ!

羊

刺繍糸を絡ませない便利な整理法があるよ。

そんな便利な方法があるならやってみたい!

刺繍糸は絡みやすくバラバラにしてしまうと大変です。絡んだ刺繍糸をほぐすのに時間をつかうのはもったいないので、刺繍糸を使う前にひと手間かけて時短しましょう!

今回は刺繍糸を三つ編みにして整理する方法を紹介します。

三つ編みにするメリット
  • 刺繍糸が絡まず、まとめて置いておける。
  • 長さが一定なので無駄が少ない。

三つ編みにするのにかかる時間は約10分、慣れたら5分です。

羊

このひと手間でめちゃくちゃ刺繍糸が使いやすくなるよ!

やり方はとてもシンプルです。

三つ編みのやり方
  1. 刺繍糸の束をほどいて1本に戻す。
  2. 長さが約65cmになるよう揃え、両端をカットする。
    1. 全長⇒2等分⇒2等分⇒3等分にして長さを揃える。
    2. タグを付ける。
    3. 両端をカットする。
  3. 半分に折って三つ編みにする。

それでは、写真付きで説明します。

刺繍糸の束をほどいて1本に戻す。

25番刺繍糸の束をいったんほどきます。このとき、糸の端を引っ張ります。端が2つありますが、少し引いてするりと出てくる方を引いてください。

長さが約65cmになるよう揃え、両端をカットする。

刺繍糸は8メートルで売られているものが多いです。8mの両端を持って2等分(4m)して、さらに2等分(2m)して、最後に3等分(約65cm)にします。これで約65cmの長さに刺繍糸が揃いました。

刺繍糸の最適な長さがちょうど60cmくらいなので、いつでもちょうど良い長さの糸を使うことができます。また、長さを揃えることで無駄なく使いきれます。

ここで最初についていたタグをもう一度通しておきます。一見手間のように感じますが、刺繍糸は同系色でも種類が豊富なので、買い間違いを防止するために大切な工程です。

このひと手間をかけることで、タグについている刺繍番号とメーカー名から、すぐに同じ色の刺繍糸がわかります。

タグを入れてから、両端をカットします。

半分に折って三つ編みにする。

ひと束の真ん中をマスキングテープで固定したら、3等分に糸を分けます。

あとは三つ編みをつくります。このとき、ゆるい三つ編みにしておく方が糸が取りやすいのであまりきつくしないことがポイントです。

完成した!

羊

これで刺繍糸が絡まって困ることはないね!

三つ編みの完成です!

この束を同系色ごとにリングに通しておくとより使いやすいので、試してみてください。

以上、便利な刺繍糸の整理法の紹介でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました