ハンドメイド

小豆アイピローの作り方

温かい蒸気と香りの心地よさに魅力を感じる方も多い小豆アイピローですが、実は簡単に手作りできます。

ひつじ
ひつじ
小豆とはぎれ布で簡単に作れるから試してみてね。

  • 難易度:★☆☆☆☆
  • 作業時間:1~2時間

材料と道具

小豆 80g~100g
10cm×20cm 2枚
道具 針、糸、はさみ、ペン

※布は熱に強い綿がおすすめです。合成繊維は熱で簡単に穴があいたり縮んだりするので避けましょう。

作り方

生地をカット

タテ10cm ヨコ20cm 2枚

布をタテ10cm、ヨコ20cmに2枚カットします。

線をかく

縫い代1cmとして一周ぐるりと線を引きます。

角を丸くしたい場合は、角端から2cmの場所に手書きでカーブをつけるときれいなカーブになります。

眼の場所に丸をかきます。真ん中から3.5cmの場所に半径1cmの円をかきます。

添付している型紙に線も記載しているので参考に、眼の位置は自分の幅で測って調整してください。

縫う

2枚を中表に合わせてぐるりと縫います。

このとき、返し口を6cmほど開けておきます。

手縫いで縫う場合は、半返し縫いにすると丈夫になります。

整える

返し口を残して縫ったら、整えます。

縫い線から5mm幅でカットします。これで、周りがごわごわしません。

また、角を丸くした場合は切り込みを入れます。これで、カーブが綺麗に出ます。

ちょっとしたことですが、仕上がりが変わるのでこのひと手間はかけておきましょう。

表に返す

返し口から、ひっくり返して、表にします。

この後、眼の箇所を波縫いして凹みをつくります。

なお、眼のあたる場所に凹みを作らないアイピローもあります。

凹みがなくても、眼に熱いピローが触れないようカバーをしたり他の工夫で対処できるとは思いますが、安全対策として作っています。

小豆を入れる

最後は小豆を返し口から少しずつ入れます。80g~100gで大体1個作れます。

入れるときは、端の方から詰めていくと入れやすいです。

入れ終わったら、返し口はコの字とじ(はしごまつり)で閉じます。

使い方

レンジで600W 30秒~50秒温めて使います。

ひつじ
ひつじ
個人差があるので、温める時間は短めから試してみてね。

一度使ったら4時間程度あけて使いましょう。

小豆を加熱すると、小豆に含まれる水分が水蒸気となって温熱が発生します。小豆が失った水分は、再び空気中から4時間程度かけて吸収して元に戻ります。

しばらく使わない時は密閉容器に入れて保管しましょう。

小豆に虫がつくことがあります。

定期的にレンジで加熱している間は大丈夫ですが、長く使わない時は、防虫対策として、ビニール袋など密閉容器に入れておくか、冷蔵庫保管が望ましいです。

今回は簡単なアイピローの作り方を紹介しました。参考になれば嬉しいです。

なお、型紙はご自由にご利用ください。

 

ABOUT ME
こだわり羊
アロマが好きなミニマリスト