【アロマ試験対策】フェノール類

アロマ勉強編

ブログ訪問ありがとうございます。芳香成分類について少しでも覚えやすくなればと思い作成しました。

フェノール類を多く含む精油

 科名フェノール類含有率(%)
クローブフトモモ科83
オレガノシソ科57
タイム・チモールシソ科44
タイム・サツレオイデスシソ科11
含有率は参考数値です。

フェノール類の特徴

  • 芳香族に水酸基(-OH)が直接つながった分子。
  • 分子名の語尾はol(オール)。
  • 強い抗菌作用を持ち、皮膚刺激も強い。
電子座標軸上の位置

フェノール類の主な作用

  • 抗寄生虫作用++++
  • 抗菌作用++++
  • 抗ウイルス作用+++
  • 抗真菌作用+++
  • 強壮作用+++
  • 刺激作用+++
  • 免疫刺激作用+++
  • 加温作用++

芳香分子の例

チモール

チモール:抗リウマチ作用、麻酔作用

カルバクロール
オイゲノール

オイゲノール:鎮痙攣作用、鎮痛作用、麻酔作用、子宮収縮作用

以上です。

試験勉強の参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました