変化する香り・揮発度とは

アロマ勉強編

 精油の香りは時間とともに変化します。すぐに消えてしまう香りと長く続く香りがありますが、この変化は香りの揮発度の違いによります。

 揮発度とは、液体の蒸発のしやすさです。

 精油は植物から抽出した芳香成分のエッセンスなので、含まれる芳香成分によって揮発する速さが異なります。

 香りが揮発する速さを「ノート」と表現します。

  • トップノート:速い(すぐ~2時間)
  • ミドルノート:ほどほど(2~4時間)
  • ベースノート:遅い(6時間~)    

 香りの相性で紹介した7つの精油グループには、おおまかな傾向があります。

  • 柑橘類はトップノートが多い。
  • 花、ハーブ類、樹木類、スパイス類はトップノートとミドルノートが多い。
  • 樹脂類、オリエンタルはベースノートが多い。   

 イメージ化するとこんな感じになります。

【補足】

 同じ精油でも異なった「ノート」が記載されていることもあります。

 例えば、ペパーミント精油を調べると、トップノート、ミドルノートの両方の記載がみつかります。

 精油には、揮発速度の異なる複数の芳香成分が含れているので、揮発速度で分類するときに、成分内容や製造過程の影響で異なる場合があります。

 「ノート」分類は、厳密なものではありませんが、目安として知っておくと、精油をブレンドするときに役立ちます。

 次回は、このノートによる分類を活用した精油のブレンドについて紹介します。最後までお付き合いありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました