【アロマ試験対策】呼吸とは

アロマ勉強編

ブログ訪問ありがとうございます。

試験勉強を少しでも楽しくできるよう作りました。よければご活用ください。

呼吸とは

酸素を取り込み、二酸化炭素を出す、「ガス交換」のことを「呼吸」といいます。

ヒトを構成する細胞😊は、生命活動を維持するため、常にエネルギーを作り続ける必要があります。

食べ物から取り込んだ栄養素をエネルギーに変えるには酸素が必要です。

エネルギーをつくるために、酸素を取り込み、二酸化炭素を排出することを「呼吸」といいます。

「呼吸=ガス交換」は、大きく2つに分けられます。

  1. 外呼吸(肺呼吸)
  2. 内呼吸(組織呼吸)

外呼吸(肺呼吸)

「肺」で行うガス交換を「外呼吸肺呼吸)といいます。

肺には、「肺胞」という小さな袋が約3億個あつまっており、この「肺胞」で、ガス交換(=空気中の酸素を取り入れ、二酸化炭素を出す)が行われています。

内呼吸(組織呼吸)

からだを構成する組織の「細胞」で行うガス交換を「内呼吸(組織呼吸)」といいます。

肺呼吸で血液中に取り入れられた酸素は、心臓から全身の細胞に届けられます。

全身の細胞は、血液が運んできた酸素を取り入れ、エネルギーを作り、二酸化炭素を出します。

このように

「呼吸=ガス交換」呼吸器循環器の絶妙な連携で、私たちが意識しなくても生きているあいだずっと行われています。

まとめ

  • 呼吸とは、酸素を取り込み二酸化炭素を出す「ガス交換」のことです。

  • 呼吸には、「外呼吸(肺呼吸)」「内呼吸(組織呼吸)」があります。

  • 外呼吸(肺呼吸)とは、で行うガス交換のことです。

  • 内呼吸(組織呼吸)とは、細胞で行うガス交換のことです。

以上です。参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました