アロマ活用

アロマハンドクリーム みつろう編

アロマハンドクリームの作り方はいろいろあります。

今回は、蜜蝋(みつろう)を使ったお気に入りのハンドクリームレシピを紹介します。

材料と道具

  1. 蜜蝋 5g
  2. ホホバ油 20g
  3. 精製水又はハーブウォーター 3~4ml
  4. 精油 1~6滴
  5. クリーム容器(30g用)
  6. 耐熱容器、かくはん棒、はかり、湯せん用鍋

作り方

蜜蝋とホホバ油を湯せんで溶かす。

ビーカーなどの耐熱容器に蜜蝋(5g)とホホバ油(20g)を入れて、湯せんで溶かします。

蜜蝋は63℃前後で溶けます。

数分で黄色い液体になるので、溶けたら湯せんから外します。

精製水またはハーブーウォーターを少し入れる。

湯せんから外したら、水を少し加えて、1~2分混ぜます。

30g容器なら、小さじ1杯弱がおすすめです。

ひつじ

混ぜながら調整するといいよ。

水は精製水やハーブウォーターがおすすめです。

ハーブーウォーターを使うとその香りも一緒に楽しめます。

精製水は薬局で500mlボトルが100円前後で売っています。精製水が手元に無ければ、ペットボトルの水で大丈夫です。

蜜蝋とホホバ油だけでクリームはできますが、少し水を入れて混ぜるだけで仕上がりが全然違います。

水を少し加えると、ホイップ状になります。

水を入れると温度が下がり固まり始めます。1~2分かき混ぜると柔らかいホイップクリームに変化していきます。

精油を入れる。

粗熱がとれたら、精油を1~6滴加えてよく混ぜます。

敏感肌や顔に使う場合は1~2滴を目安にします。

精油は熱に弱く揮発しやすいので、ある程度温度が下がってから加えます。

ハンドクリームを作る場合は、精油濃度1%を目安にすると安心です。

約30gのハンドクリームなら、精油6滴になります。

個人差があるので敏感肌の方や初めての方は1~2滴と少なめから作ってみるのがおすすめです。

今回は蜜蝋とホホバ油で作るハンドクリームを紹介しました。少し水を加えて混ぜることでホイップクリーム状の仕上がりになるのでぜひ試してみてください。

ABOUT ME
こだわり羊
アロマが好きなミニマリスト