ローズマリーチンキを作ろう

アロマ活用編

ブログ訪問ありがとうございます。

ローズマリーは、アロマテラピーで集中力アップや感染対策などに活躍する芳香植物の1つです。

精油ではローズマリー・カンファー、シネオール、ベルべノンの3種類のローズマリー精油が主に流通しています。この3つの精油の共通点・違いについては別途掲載したいと思います。

ローズマリーはかわいらしい花が楽しめて、とても育てやすいのでいろんな場所に植えられています。ローズマリーの剪定をする際は、せっかくならその枝でローズマリーチンキを作ってみませんか?

作り方はとても簡単です。

準備するもの

  • ローズマリーの 適量
  • ガラス瓶
  • 無水エタノール

作り方

  1. ローズマリーを乾燥させる。
  2. ガラス瓶に乾燥したローズマリーの葉を入れる。
  3. 無水エタノールを葉が浸かるくらい入れる。
  4. 約1ヶ月間、冷暗所で時々攪拌しながら保管する。
  5. ローズマリーの葉を除いて完成。

写真入りで作り方を紹介します↓

⓪ ガラス瓶はさきに煮沸消毒しておきます。

① ローズマリーをカットして、乾燥させます。

汚れをさっと洗って、水は拭き取って乾かします。季節にもよりますが、1週間くらいほったらかしにしておくと乾いています。

② 乾燥したローズマリーの葉をこそぎ落として、用意したガラス瓶に入れます。

乾燥させておくと、手でいっきに葉をこそぎ落とせるので楽です。

③ 葉が浸かるところまで、無水エタノールを入れます。

④ 瓶に蓋をして冷暗所に置いときます。毎日振って攪拌した方が良いそうですが、たまに忘れていても大丈夫です。

数日で綺麗なグリーンになるので、攪拌するのが楽しみになりますよ(^^)。

2週間~1ヶ月程度で出来上がりです。こちらは1か月後です↓

⑤ 葉を取り除きます。

コーヒーフィルターや茶こしをつかって除きます。

とても綺麗なグリーンのローズマリーチンキが完成しました。

冷暗所で保管しておくと1年くらいは全然大丈夫だそうです。

これで消毒スプレーや保湿クリームを作りたいと思います。

ガラス瓶とローズマリーと無水エタノールがあれば簡単にほとんどほったらかしで作れるので、試してみてください。

@おまけ

チンキ剤とは生または乾燥させた芳香植物をアルコールにつけて濾した液体のこと。

最後までお読みいただきありがとうございます。

参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました