アロマスプレーの作り方

アロマ活用編

 精油を購入したら、アロマスプレーを作ってみたくなります。アロマスプレーの作り方を紹介します。

準備するもの

  • 精油
  • 無水エタノール
  • 精製水
  • スプレーボトル
  • ビーカー(ガラス容器と計量カップがあれば代用可)
  • まぜる棒
  • 作業マット(机を汚さないため)

精油の濃度を決める

  • 精油は1滴約0.05mlとして考えます。
  • 5ml溶液に精油を1滴入れると1%濃度となります。

 精油10%濃度までは、5ml溶液に精油1滴で1%と考えて、その倍数で作ります。

溶液(ml)精油濃度(%)精油の滴数(滴)
511
1012
1024
30212

アルコール濃度を決める

 アルコールの濃度を考えるときに2つのことを考えます。

  1. 精油を溶かすためのアルコール濃度は?
  2. アロマスプレーのアルコール濃度は?

 精油を溶かすためには、アルコール濃度80%程度必要と言われています。無水エタノールは、99.5%以上のエタノールを含んでいます。薬局で500mlサイズ、約1500円前後で購入できます。(時期によって値段は変動します。)無水エタノールは、精油を希釈するのに使いやすく、精製水で希釈する際にアルコール濃度の計算が簡単にできるので、アロマスプレー作りに活躍してくれるアイテムです。

 アロマスプレーのアルコール濃度は、使う用途によって自由に決めます。手指消毒用のアルコールスプレーとして作るならアルコール濃度は70~80%で作ります。ルームコロンとして作るならアルコール濃度は10%で充分です。

 アルコール濃度が高くなるほど、アルコールのツンとする感じが強くなります。逆にアルコール濃度を低くして水分量が多くなると白く混濁します。

作り方

  1. ビーカーに精油を入れる。
  2. 無水エタノールを入れてよく混ぜる。
  3. 精製水を入れてよく混ぜる。
  4. 作った溶液をスプレーボトル入れる。
  5. 日付、内容を記載したシールを貼る。

以上です。

アロマスプレーを作ってみたい方の参考として活用していただけたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました