重曹を使ったアロマ消臭パウダーの作り方

アロマ活用編

 たまに玄関の靴箱の匂いが気になることはありませんか?

 靴箱に置く消臭剤は、環境にもお財布にも優しい重曹がおすすめです。

 重曹に、1滴の精油をプラスすると靴箱を開けるのが楽しくなります。

準備するもの

  1. 重曹
  2. 精油
  3. 容器

 重曹とそれを入れる容器だけあれば消臭剤として使えます。容器はなんでも大丈夫です。

 セリアで購入した紙コップとマスキングテープを使って作ることにしました。

作り方

 重曹を容器の7~8割程度になるところまで入れます。

 重曹は購入したら、はちみつが入っていた容器を再利用したボトルに保管しています。このボトルだと、使いたい分だけ振って出せるのでとても便利です。

 精油は1~2滴で充分です。ペパーミントにはマスキング効果があるので、私は匂いが気になる場所にはよく使います。

 家にある好きな精油を入れてみてはいかがでしょうか。

 精油と重曹をよく混ぜます。ちょうど頂いたアイスクリームスプーンが余っていたので使いました。使い捨てのウッディーマドラーやスプーンを使うと作った後に洗い物が発生しません。

 このまま靴箱に入れても良いのですが、靴の出し入れの際に、もし落としたら片づけが大変になるので、カバーをつけます。

 カバーにするのは、家にあるガーゼや通気性のあるものならなんでも大丈夫です。

 私はティッシュを輪ゴムで止めて、セリアで購入したマスキングテープを輪ゴムの上から貼って仕上げました。

 香りが無くなれば蓋を外して精油を追加すればまた香りが楽しめます。

 半年後に交換するまで靴箱の消臭当番よろしくお願いします!

 交換後の古い重曹は、研磨剤や重曹水として活用して、最後まで使いきります。

おまけ ペパーミント精油について

ペパーミント精油の特徴

  • シソ科
  • 水蒸気蒸留法で根以外の全草から採油している。
  • 揮発する速度:ミドルノート
  • ペッパー(こしょう)のようなピリッとした香りを持つためペパーミントと呼ばれている。
  • 日本では西洋ハッカとも呼ばれる。
  • スッキリとしたフレッシュな香りは多くの人に好まれる。
  • 香りは気分を高揚させる効果がある。
  • ケトン類による神経毒性のため、3才未満の乳幼児、妊婦、授乳中の産婦、神経系統の弱い方、てんかんのある方への使用は禁止されている。
  • 3才以上の幼児に対しては、低濃度、短時間の使用にかぎり、注意して使用する。
  • 高血圧症の人に対しては、血圧上昇作用があるため、低濃度、短時間、局所での使用にかぎり注意して使用する。

 ペパーミントは馴染みのある香りなので、ケトン類の神経毒性による注意や禁忌があることを学んだときは驚きました。

 使用用途が広く、心地よく感じる香りなので、安全な使い方を知って上手に使っていきたいものです。

 最後までお付き合いありがとうございます。アロマを楽しみたい方の参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました