アロマ活用

油汚れに威力を発揮する重曹を一瞬でアロマ重曹水に変える方法

毎日使うリビングやキッチンは、いつもキレイにしておきたいですよね。

汚れを溜めずにキレイにしておくには、こまめに掃除するのが一番ですが、なかなかそんな時間も気力もない。。。

掃除が苦手な私も、アロマ重曹水を使うことで、リビングやキッチンをスッキリさせておくことが出来るようになりました。

重曹は、油汚れや手垢など酸性の汚れに強く、重曹水にしておけばキッチンやリビングの汚れをすぐに落とせます。これに爽やかな香りをプラスすることで、楽しく拭き掃除ができますよ。

アロマ重曹水を作るときの2つのコツ

アロマオイルは、そのままでは水に溶けません。これは重曹水でも同じです。

アロマオイルと重曹水を混ぜる方法は、アロマスプレー作りと同じになります。

アロマオイルをアルコールに溶かしてから加える。

アロマオイルを、無水エタノール(アルコール)に溶かしてから重曹水に加えます。このひと手間でアロマオイルは重曹水と混ざります。

ひつじ
ひつじ
アロマスプレーで作ったものを、そのまま重曹水に加えてもいいよ!

使う前によく振る。

もっとパパッと作りたいなら、アロマオイルを重曹水にそのまま加えるのもありです。

時間がない時は、重曹水にハッカ油やレモンを直接入れて使っています。重曹水をスプレーする前に、毎回よく振ってから使います。肌に使うわけではないので、問題なく使えますが、心配な方は、基本の作り方をオススメします。

アロマ重曹水の基本の作り方

準備するもの

重曹 掃除用
水道水
アロマオイル オレンジ、レモン、パパーミント、ハッカ油がおすすめ
無水エタノール 適量
スプレー容器 100ml容器
その他 計量カップ、計量スプーン

作り方

重曹水を作ったら、そこにアルコールに溶かしたアロマオイルを混ぜるだけ!

  1. 重曹水を作る。
  2. アロマオイルを無水エタノールに溶かす。
  3. ①②を混ぜる。
  4. 容器に移してラベルを貼る。

 

①重曹水を作る。

5%重曹水を作ります。100mlの水に、重曹を小さじ1杯加えて混ぜます。

重曹を多く加えても水に溶けないので、5%前後で作ります。

②アロマオイルを無水エタノール(アルコール)に溶かす。

  • アロマオイル 4滴(ペパーミント2滴、オレンジスイート2滴)
  • 無水エタノール 1ml程度

無水エタノール(アルコール)は、アロマオイルが溶ける程度に加えます。

①②を混ぜる。

重曹水とアルコールに溶かしたアロマオイルを混ぜます。このとき白く濁りますが、使用に問題ありません。

④容器に移してラベルを貼る。

完成です。重曹水は、2週間を目安に作り替えています。ラベルを貼っておくと中身が何か誰がみてもわかるので安心です。

 
 

重曹とは

重曹は、天然のミネラルで、お菓子作りやアク抜きなどに使われているので、掃除にも安心して使うことが出来ます。

重曹はアルカリ性なので、酸性の油汚れや手垢に使うと、中和されて汚れが落ちやすくなります。また、細かい粒には研磨効果があり、こびりついた汚れを落とすクレンザーとなります。

重曹、クエン酸(又は酢)、石鹸の3つを使えば、家の中の掃除は全部解決するので、いろいろな種類の洗剤を買わなくて身軽になります。

スーパーやドラッグストアで掃除用の重曹を購入できます。

重曹の特徴

  • 炭酸水素ナトリウム/重炭酸ナトリウム/重炭酸ソーダ/重曹は同じもの。
  • 化学式 NaHCO3
  • 性質は弱アルカリ性
  • アルカリ性は酸性の汚れを中和して落としやすくする効果がある。
  • 油汚れ/食べこぼし/手あか/皮脂/血液の汚れを落とすのに向いている。
  • ソフトな研磨剤効果があり、シンクや焦げた鍋を磨くことができる。
  • 消臭効果があり、重曹を通気性のよい布に入れて靴箱などに入れると消臭できる。
  • アルミ素材に使うと黒ずむので注意する。

まとめ

油汚れを落としてくれる重曹を、簡単にアロマ重曹水にする方法を紹介しました。

  • 重曹水は、100mlの水に小さじ1杯を目安に作ります。
  • 重曹水にアロマオイルを加える方法
    •  アロマオイルをアルコールに溶かして加えます。
    •  アロマスプレーをそのまま加えます。
    • 直接アロマオイルを加えた場合は、毎回よく振ってから使います。
  • アロマオイルのおすすめは、オレンジ、レモン、ペパーミント、ハッカ油です。

 

 

ABOUT ME
こだわり羊
アロマが好きなミニマリスト