香りのブレンド 揮発度編②

アロマ勉強編

 おうち時間を楽しむアロマ芳香浴に活用したい香りのブレンドについて紹介します。

 「変化する香り・揮発度とは」で、精油が揮発する速度によって3つに分類する方法があることを紹介しました。揮発する速度が速いトップノート、揮発する速度がほどほどのミドルノート、揮発する速度が遅いベースノートの3分類です。

 揮発する速度「ノート」に注目して精油をブレンドすることで、時間経過とともに変化する香りをより楽しむことができます。前回はトップノート同士の2種類の精油のブレンド例を紹介しました。

 今回は、トップノート&ミドルノートの精油ブレンド例を紹介します。

 トップノートの精油には、柑橘系の精油が多く含まれます。

 ミドルノートの精油には、ローズ、イランイランなど花の精油の代表的なものが含まれます。

【ミドルノートの精油例】

精油名
ローズ、イランイラン、ゼラニウム
柑橘系
ハーブ類ペパーミント、マジョラム、クラリセージ
樹木類サイプレス、シダー
スパイス類クローブ、シナモン、ジンジャー、ペッパー
樹脂類フランキンセンス
オリエンタル

※精油の香りの感じ方は個人差があるので参考としてご活用ください。花、柑橘系などの分類は、精油の主な採油部位によって分類しています。

 トップノートの柑橘系精油とミドルノートの精油でブレンドすると、また違った香りが楽しめます。

 私は、オレンジ・スィート精油が好きなこともあって、オレンジ&イランイラン、オレンジ&ペパーミント、オレンジ&シナモンのブレンドはとっても気に入っています。

 次回はベースノートの精油について紹介します。最後までお付き合いありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました