ハンドメイド

さくら刺繍のやり方

隙間時間にできるワンポイント刺繍を紹介しています。

今回は「さくら刺繍」です。布マスクにアクセントとして入れてみました。

  • 難易度:★★☆☆☆
  • 作業時間:1時間

材料

  1. 刺繍針
  2. 刺繍糸
  3. 刺繍枠
  4. チャコペン(代用:フリクションペン)
  5. 無地の布
  1. フランス刺繍針No7
  2. コスモ刺繍糸2111
  3. 刺繍枠 直径8cmサイズ
  4. フリクションボールペンPILOT0.5
  5. ダブルガーゼ生地(接着芯あり)

刺繍のやり方

布に桜図案を描く

桜の図案を布に描きます。

図案は刺繍した後に消します。

チャコペンで描いた場合は水で消します。フリクションペンで描いた場合は熱で消すので、アイロンを当てて消します。

この図はフリクションペンで描いています。

桜の図案をオリジナルで描く時のコツは、丸の中に5本の基準線を引いて花びらを描くとバランスが取れます。

なお、図案を写す方法は肉球刺繍で紹介しているので参考にしてください。

刺繍枠にはめる

刺繍枠に布を張ります。このとき、マスク用に裁断してしまうと、刺繍枠に布が充分張れないことがあるので、少し大きめに裁断しておきましょう。

刺し始め

刺繍糸は2本取りにします。刺繍糸は6本で1束になっているので、1本ずつ抜いてください。

刺繍糸の長さは好みですが約60cmが使いやすい長さとなります。なお、刺繍糸の便利な整理方法はこちらに紹介しています。

サテンステッチでかくれるばしょに表から2回なみ縫いをします。

糸の端を少し残し、一目戻った場所に針を刺します。これで糸が絡まって抜けなくなります。

表に残った糸の端をカットします。

花びらにサテンステッチ

サテンステッチは、基準線をつくるとバランスよく仕上がります。

花びらの場合は、写真のような2本の基準線を最初につくります。

基準線を中心にその横から順に埋めていきます。

このときに中心が厚くなりすぎないよう、中心部分は刺す場所を少しずらして埋めていきます。

花びら5枚を順番に刺繍していきます。花びらが重なっている場合は、前面にある花びらから刺繍する方が仕上がりがきれいです。

刺し終わり

糸の終わりは、裏面の糸に2~3回糸を絡めることで固定できます。糸を絡めたら、余った部分をカットしておきます。

おしべをストレートステッチ

少し中心部にアクセントを入れたい場合は、刺繍糸を変えて、おしべをストレートステッチで5~7本程度刺します。

糸のはじめと終わりはどちらも裏面の糸に絡めて固定します。

図案を消す

刺繍が終わったら、刺繍枠から布を外して図案を消します。

図案はフリクションペンで描いたので、アイロンの熱で消します。アイロンを中温で当てるとすぐ消えます。

以上、さくら刺繍の紹介でした。参考になれば嬉しいです。

ABOUT ME
こだわり羊
アロマが好きなミニマリスト