ハンドメイド

立体マスクの作り方

前回紹介した桜の刺繍をしたガーゼ生地をマスクにしてみます。

立体マスクの作り方とポイントを紹介します。

材料と道具
  1. ダブルガーゼ布
  2. 接着芯
  3. ゴム
  4. 型紙
  5. チャコペン又はフリクションペン
  6. ハサミ、アイロン、ミシン(又は針と糸)

布をカットして接着芯を貼る

立体マスクの型紙は無料でダウンロードできるのを使っても良いし、使い古したマスクをそのまま型紙にしても良いので自分にあったものを用意します。

縫い代1cm、ゴム通し部分3cmとります。

接着芯は外側の布にだけ貼ります。

外側は内側より、ゴム通しの部分として横幅を3cm長くします。

中表にして真ん中を縫う

外側、内側の両方とも、それぞれ中表に合わせて縫い代1cmで縫います。

その後、カーブしているところに切り込みを入れます。切り込みを入れるとカーブが綺麗にでます。

切り込みを入れる際は、ミシンで縫った所を切らないよう少し手前でとめます。

切り込みを入れたら、アイロンで折り目を付けます。

縫い線の両脇をステッチする

ひと手間になりますが、縫い線の両脇をステッチすることで、長くきれいな形を保って使えます。

外側、内側の両方ともしておきましょう。

外側と内側を中表に合わせて上下を縫う

この時、内側の布を少し短くずらして縫います。

これで出来上がった時に内側がたるまずきれいに仕上がります。

ひっくり返して、上下をステッチする

両端を三つ折りにして縫う

ゴムを通す

ゴムは25cm~30cmの長さで調整します。

以上で完成です。

立体マスクをスッキリ作るポイント
  1. 真ん中の縫い線の両脇に押さえのステッチをしておく。
  2. 内側の布がたるまないよう、内側は少し短めに縫う。

この2つのポイントを押さえて作るとスッキリとした立体マスクができるので試してみてください。

以上、参考になれば嬉しいです。

ABOUT ME
こだわり羊
アロマが好きなミニマリスト